新型コロナワクチンってどんなもの?

OUTLINE

ワクチンは、作り方によってさまざまなタイプがあります。新型コロナワクチンの開発では、新しい作り方が次々に試されています。従来のワクチンと何が違うのでしょうか。

いくつかのタイプがある新型コロナワクチン

新型コロナワクチンの開発では、新しい作り方が次々に試されています。今、世界で使われはじめた新型コロナワクチンには、二つの新しいタイプのワクチンがあります。一つがmRNA(メッセンジャーアールエヌエー)ワクチン、もう一つがウイルスベクターワクチンです。

タンパク質の設計図を使うmRNAワクチン

mRNAワクチンは、ウイルスのmRNAを使ったワクチンです。mRNAとは「たんぱく質の設計図」の総称で、人の体の中にもある物質です。新型コロナウイルス向けのmRNAワクチンでは、ウイルスの表面にあるたんぱく質(名札のようなものと考えてください。これをスパイクたんぱくと呼びます)の設計図となるmRNAを使っています。

mRNAワクチンを体の中に入れる(ワクチンとして接種する)と、体の細胞(筋肉注射の場合は周りの筋肉の細胞)がこのmRNAを使って新型コロナウイルスの名札を作ります。体の免疫は、これを相手に新型コロナウイルスとの闘い方を覚え、抵抗力を鍛えるという仕掛けです。

mRNAは非常に脆いので、数時間のうちに壊れてなくなってしまいます。また、名札になる部分のたんぱく質の設計図だけを使うので、コロナウイルスの感染が起きることはありません。mRNAワクチンは新しいですが、研究は長く続けられてきたものです。今後はがんの治療への応用にも期待されている技術です。

遺伝子を使うウイルスベクターワクチン

ウイルスベクターワクチンの働きはもう少し複雑です。このタイプのワクチンでは、病原体である新型コロナウイルスのほかに、ワクチンの担い手として別のウイルスが登場します。この担い手をウイルスベクター(運び屋ウイルス)と呼びます。

このウイルスベクターに、新型コロナウイルスの遺伝子の一部を持たせます。運び屋が新型コロナウイルスになるわけではありません。

このウイルスベクターを体の中に入れる(要は、運び屋ウイルスの感染を起こします)ことがワクチンの接種にあたります。体の中に入ったウイルスベクターは、自分が運んでいる新型コロナウイルスの遺伝子(ワクチンに使う部分です)を体の細胞に渡します。その細胞は、この遺伝子を使って新型コロナウイルスの名札を作ります。その先の仕組みはmRNAワクチンと同じです。この技術も長く研究されており、すでに他の病気の治療にも使われています。

CDC 「COVID-19 Vaccination」を元にHealth Amulet編集部作成

日本に最初に来るのはmRNAワクチンになりそうです

既に接種が始まった新型コロナワクチンには、三社のものがあります。ファイザー社のワクチン、モデルナ社のワクチンはいずれもmRNAワクチンです。どちらも二回の接種が必要で、筋肉注射で接種します。ファイザー社は21日間隔、モデルナ社は28日間隔で接種することとなっています(海外実績または予定)*1。

アストラゼネカ社のワクチンはウイルスベクターワクチンです。こちらも二回の接種、筋肉注射で28日間隔となっています(海外実績または予定)。ワクチンの効果や有害事象はワクチンのタイプ、メーカーによって異なります。

新型コロナワクチンは超低温~低温で保存されます

今わかっているファイザー社のワクチンは、超低温での保存が必要です。それだけmRNAという物質は脆いのです。具体的にはマイナス75℃±15℃で冷凍保存となっています。医療機関に運ぶ際にはドライアイス(マイナス80℃くらい)といっしょに凍らせたまま運ばれ、医療機関で溶かしてから使う予定となっています*1。

一方、同じmRNAワクチンであるモデルナ社のワクチンはマイナス20℃±5℃で冷凍保存となっています。保存条件の違いが何によるものかはわかっていません。

ウイルスベクターワクチンは冷蔵保存とされています。

 

参考文献: